ブログ

Blog

看板犬たち - ツキちゃん

続きましてうちの子歴が2番目に長いツキちゃんのご紹介です。

ツキ(ツキちゃん)

ジャックラッセルテリア(ブロークン?)

2010年11月21日生 ♀

ツキちゃんの名付け親も母です。ツキはluckのツキ、運をはこんでくれるという願いを込めてのお名前だそう。

ツキちゃんは脚長、スレンダーな美人さん。アイラインがとってもチャーミングです。抜け毛が結構すごいので最近はバリカンで短く刈ってスムース風にしてますが、伸びてくると背中にタテガミが出てきます。バリカン掛けた後のツルツル、スベスベの肌触りも好きですが、タテガミ姿も何とも言えずかわいいぃ。(完全な親ばか)

実はツキちゃんも母の犬に属します。お気づきかもしれないですが、ブチがある犬(ジャック)は母の犬、白プーは私の犬と区分になっておりまして、家では「ブチコ」と「シロコ」と呼んでいたりもします。母も私も、ブチコちゃん達もシロコちゃん達も分け隔てなく大好きなんですけど、どっちが飼い主なのかを、なぜか母は線引きしたいらしいです。(苦笑)

さて、ツキちゃんの話に戻ります。ツキちゃんは縁があり1歳になる前に里子で我が家にやってきました。情緒不安定なところがありまして、おそらくそれが原因で初めの飼い主さんはgive upしたのではないのかな。彼女には武勇伝が多々。木製のサークルゲートも粉々にしましたし、留守番中にドッグフードの袋や米袋を引っ張り出してきて破って食べ、お腹ポンポコリンでの後、ピーピーになって大騒ぎなこと数回。今思い返せば、母が当時ノイローゼ気味になっていました。

ずいぶんと落ち着いた今でも興奮してしまうと自慢の跳躍力でビョンビョン飛び跳ね、鼻をピーピー鳴らしまくる始末。お散歩だと察すると、狭い家の中なのに、短距離でmax speedに達し駆け回ります…

実はツキちゃん、これまで数度、私が不在中自宅から逃亡したことがあるんです。運が良いことに毎回無事に警察に保護されているんですけど、逃亡したと母から電話が入るあるたびに毎回泣きそうになります。母も十分気を付けているのですが、ふとした隙をねらって飛び出しちゃうんですよ…本犬は「ちょっとお散歩」な感じなのでしょうが、こっちからしてみたら、事故に巻き込まれないか心配でほんと冷や汗しか出ません。そんなこともあって、ツキちゃんだけ首輪をつけて迷子札をつけています。

でもですね、落ち着いている時のツキちゃんはうちの子の中で一番素直。本当にいい子なんです。

こんなツキちゃんなので、お店には毎日は出勤していませんが、たまに連れてきています。ツキちゃんに会えたらツイてるかも!(笑)

まだまだ店の環境になれずなので、お店で興奮がひどいときは首根っこをつかんでトリミング室へ放ることもあったりします。それは、飛び出してしまうと危ないから仕方なくの対処なので、驚かないで下さいね。ツキちゃんのような頑丈な体格のジャックラッセルだからこそできることなので…他の子にはしませんです…(汗)

どうぞツキちゃんも宜しくお願いします。


ja Japanese
X